令和4年度第2次補正 高効率給湯器導入促進による家庭部門の省エネルギー推進事業費補助金(中小企業庁)【予告】(お勧め)

・内容:(ハード系)消費者等による高効率給湯器の導入を促進する取り組みに係る設備の導入に要する経費の一部を補助する事業
・対象:新築住宅、既築住宅
・お勧め度:③建設・建築系◎  ⑥環境・エネ・設備系◎  ⑨その他(個人等)◎
※エコキュートはニーズがあります。

【内容】

本事業は、消費者等による高効率給湯器の導入を促進する取り組みに係る設備の導入に要する経費の一部を補助する事業です。

【対象経費】

対象経費は以下の通りです。
① 家庭用燃料電池:一般社団法人燃料電池普及促進協会(FCA)の製品登録されたもの。
② ハイブリッド給湯機:一般社団法人日本ガス石油機器工業会の規格(JGKAS A705)で、年間給湯効率が108%以上のもの。
③ ヒートポンプ給湯機:エネルギーの使用の合理化等に関する法律施行令(昭和54年 政令第267号)第18 条第26号に掲げる電気温水機器であって、原則、「電気温水機器のエネルギー消費性能の向上に関するエネルギー消費機器等製造事業者等の判断の基準等(平成25年3月1日経済産業省告示第38号)」1(2)に規定する表における区分ごとの基準エネルギー消費効率以上のもの。

【対象者】

対象者は以下の通りです。
・新築住宅、既築住宅(持家、貸家)

【補助】

補助額は以下の通りです。
①:15万円/台
②:5万円/台
③:5万円/台

【公募期間】

公募期間は以下の通りです。
未定
※閣議決定日である令和4年11月8日以降に、補助対象である給湯器の導入を決定する契約(変更契約を含む。原契約と併せて提出すること)する補助事業を対象とします。
※補助対象である給湯器を含む契約(工事請負契約、不動産売買契約、リース契約)対象すべての引き渡し、又は補助対象である給湯器を申請者が使用開始した時点のいずれか早い方以降、申請を行うことができる予定です。(新築の場合は、住宅の引き渡し後です)

【HP】

詳細な内容については、ホームページをご覧ください。
https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/general/housing/kyutokidonyu/kyutodonyuhojo.html(公募)

https://www.env.go.jp/content/000086002.pdf(R4.2補正)

※令和4年12月19日(月)~12月23日(金)の情報は以下の通りとなっています。

【補助金の公募】19件
【福井県の公募・プロポ】5件
【福井県内の市町の公募・プロポ】4件
※補助金等の申請を支援します!
※時期を逃すと1年間待たなくてはいけない補助金もありますので、常に情報をキャッチしていきましょう!